【楽天モバイル】楽天モバイルの現在の通信エリアは??

今回は楽天モバイルの「通信エリア」について調べてみようかなと思います。

最新の料金プランである「Rakuten UN-LIMIT V」に関しては、4G+5Gが料金そのままで使用出来ちゃう優れもの!!

ですが今現在、楽天の通信エリアは全国すべてを網羅しているわけではありません。

もちろん順次エリアの拡大は進めていくお話にはなっていますが、実際全国をカバー出来る様になるのはいつ頃になるのでしょう。

楽天モバイルに早く乗り換えたい私むーさん的には、そこが一番気になる所です。

楽天モバイルの通信エリア

現時点でユーザー数もかなり伸びている楽天モバイルですが、現在普及している地域は主要都市部に過ぎません!

主要都市部から外れてしまうと、いわゆる【パートナーエリア】に切り替わってしまいます。

現在楽天モバイルで整備されている主な屋外基地局は、東京都・神奈川県・千葉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県と

一部の地域に限られているのが現状で、それ以外のエリアや屋内に関してはパートナーエリアに頼る形です。

パートナエリアとはKDDI(au)と沖縄セルラーで構築されている「4G LTEネット」の事をさします。

エリアの拡大

そこで楽天モバイルでは2021年3月までに自社での通信エリアを全国に拡大するという事になっているそうです!!

当初は2020年3月末までに約3,400局の設置計画をし、総務省にも計画を提出していますが

実際は2020年2月の時点で開設が出来ている屋外基地局は約3,500局と当初の計画より上回る数字となっています。

そして3月中には更に約4,400局まで基地局を拡大する予定を打ち立てた様です。

ですが具体的にどのあたりの都市部をどのくらいの範囲で拡大するのかは示されてはいない様です。

そして2021年3月には更にさらにエリアを全国に拡大!!

こうなってくると、今現在契約を悩んでいる方々も自分なりの計画が立てれるのではないでしょうか(#^.^#)

全国に拡大間近!

ってなわけで、楽天モバイルの通信エリアの拡大も残すところわずかとなっております。

5Gはもちろん4Gでも自社の通信エリアが使えるようになるのはユーザーとしては大変喜ばしい事ではなかろうか。

公式サイトにもエリアについてのページがありましたので、こちらも併せて参考にしてもらえると良いとおもいますよ!

おすすめの記事